• Chicago Samurai

「Asian Pop-Up Cinema~シーズン12」開幕(3月15日~5月1日)。有村架純が「ブライト・スター・アウォード」を受賞。

毎年春と秋の2回、アジア各国から選りすぐりの映画を紹介する映画祭「Asian Pop-Up Cinema」が、3月15日から5月1日までの日程で開催される。

今回は計33本の映画が上映される予定で、うち24本はオンラインで、9本はドライブイン・シアター方式で見ることができる。(使用されるフォーマットは、前回同様”combo”)


APUC・シーズン12<予告編>



今回は初めて、アジア以外の監督による合作も含まれる”West Meets East Showcase(東洋と西洋の出会い)”もあり、本映画祭の創始者でディレクターのソフィア・ウォン・ボッシオ氏は、「この新しいカテゴリーは、大陸を越え文化の橋を渡す素晴らしい例になるでしょう」と期待を寄せる。


Credit/ Asian Pop Up Cinema

さらに今回、若手人気女優、有村架純が本映画祭の「ブライト・スター・アウォード」を受賞。有村は本映画祭で上映される日本映画のうち、「AND LIFE GOES ON(「連続ドラマW そして、生きる」)」と「A DAY-OFF OF KATSUMI ARIMURA (Episode One: AT MY HOME) ( 有村架純の撮休 第1話)」の2本に主演している。


AND LIFE GOES ON(「連続ドラマW そして、生きる」)」は、東日本大震災のボランティアで巡り合った2人の男女が、過酷な運命を乗り越え強く生きぬく姿を描いたヒューマンドラマ。一方の「A DAY-OFF OF KASUMI ARIMURA (Episode One: AT MY HOME)(有村架純の撮休 第1話)」は、有村架純が”本人役”で主演する1話完結のオムニバスドラマの第一話で、是枝裕和監督による母と娘のストーリーが展開される。




3月15日のオープニングナイトを飾るのは、荒木伸二監督作品THE TOWN OF HEADCOUNTS (『人数の町』)」

Credit/ Asian Pop Up Cinema

U.S. Premiere | 2020 | 111 Minutes | In Japanese w/subtitles March 15 - 19

streaming @ watch.eventive.org/apuc12 | $10 per 5-day rental Directed by Shinji Araki Starring Tomoya Nakamura, Shizuka Ishibashi

借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、黄色いツナギを着たヒゲ面の男に助けられる。その男は蒼山に「居場所」を用意してやるという。蒼山のことを“デュード”と呼ぶその男に誘われ辿り着いた先は、ある奇妙な「町」だった。「町」の住人はツナギを着た“チューター”たちに管理され、簡単な労働と引き換えに衣食住が保証される。それどころか「町」の社交場であるプールで繋がった者同士でセックスの快楽を貪ることも出来る。ネットへの書き込み、別人を装っての選挙投票……。何のために? 誰のために? 住民たちは何も知らされず、何も深く考えずにそれらの労働を受け入れ、奇妙な「町」での時間は過ぎていく。ある日、蒼山は新しい住人・紅子と出会う。彼女は行方不明になった妹をこの町に探しに来たのだという。ほかの住人達とは異なり思い詰めた様子の彼女を蒼山は気にかけるが……。

(『人数の町』公式サイトより: https://www.ninzunomachi.jp/


A nameless protagonist is rescued by a mysterious man in orange overalls, and spirited away to "The Town," where others seeking refuge from a hostile society take shelter. But, his new idyll is shattered by the arrival of a young woman looking of her missing sister.

"Ambitious and compelling, this is one of the most politically astute Japanese films in years. The allegory of Japanese society is spot-on. Channeling sci-fi dystopian classics like LOGAN’S RUN, 1984, and THE TRUMAN SHOW, the film is a potent mirror of our global malaise: internet bullying and surveillance, election interference, and terrorism. Shinji Araki, who previously worked with comic genius Matsumoto Hitoshi (BIG MAN JAPAN, SYMBOL), has directed a visionary, chilling yet beguiling thriller, with electrifying tension throughout." Vancouver Intl Film Festival



★日本作品と上映日程は以下の通り。


<オンラインシネマ上映>

STREAMING Tickets available through APUC’s Virtual Cinema


March 15 – 19(オープニング)

The Town of Headcounts (『人数の町』)

監督:Shinji Araki(荒木伸二) 2020 – Japan


March 17 - 21

And Life Goes On(『そして、生きる』)

監督:Sho Tsukikawa(月川翔) 2019 – Japan

Credit/ Asian Pop Up Cinema

March 24 - 28

A Day-Off of Kasumi Arimura (Episode One: AFTER MY HOMECOMING) (『有村架純の撮休』)

監督:Hirokazu Kore-eda(是枝裕和, 2020 – Japan

Credit/ Asian Pop Up Cinema


March 27 - 31

The Shell Collector (『シェル・コレクター』)

監督:Yoshifumi Tsubota(坪田義史), 2016 – Japan, Hidden Gem Encore, Free Admission

公式サイト:http://bitters.co.jp/shellcollector/

Credit/ Asian Pop Up Cinema

April 1 - 15

True Mothers (『朝が来る』)

監督:Naomi Kawase(河瀬直美), 2020 - Japan

公式サイト:http://asagakuru-movie.jp/



<ドライブインシアター上映>

LINCOLN YARDS DRIVE-IN:

上映場所:Lincoln Yards Drive-in :1684 N. Throop Street

木曜日~日曜日までの日没後、いずれも1回のみ上映予定。車は40台まで。

Films will be shown at sunset on mostly Thurs/Fri/Sat/Sun nights. Each film will be shown once only. Total capacity: 40 vehicles per screening Only.


Sunday, April 18:

One Summer Story (『子どもはわかってあげない』)

監督:Shuichi Okita(沖田修一), 2020 – Japan

公式サイト:https://agenai-movie.jp/

Credit/ Asian Pop Up Cinema



●映画祭のラインナップはこちら

asianpopupcinema.org/12overview


●映画祭公式サイト

https://www.asianpopupcinema.org/



78回の閲覧0件のコメント